新着情報

あなたの敏感肌の原因は?生活習慣を見直そう①


 

敏感肌の人が増えています。敏感肌向けの化粧品も増えています。

生活習慣や環境が原因で、大人になってから敏感肌になる人が増えているようなのです。

生まれつきの体質は治すことが難しいですが、後天的なもの、

一時的に肌が過敏になっているだけのものは治る可能性があります。

敏感肌とは何か、自分の敏感肌を引き起こしている原因は何かを知り、根本的な解決を目指しましょう。

 

 

そもそも敏感肌って何?敏感肌の症状と原因とは?

普通の人には刺激にならないような物質にも敏感に反応して、

皮膚トラブルを起こしてしまう敏感肌。

そもそも敏感肌とはどんな肌のことを言うのでしょうか?

敏感肌の症状には、どんなものがあるのでしょうか。

 

医学的な定義はない!敏感肌って何?

今この記事を読んでいる人の中にも「私も敏感肌です」という人は多いと思いますが、

病院で敏感肌だと診断された人は、一人もいないと思います。

なぜなら、「敏感肌」という言葉は皮膚医学の学術用語ではなく、

医学的な定義がないからです。

皮膚科を受診しても、「敏感肌」と診断されることはないのです。

肌は本来、外的刺激から肌を守る「バリア機能」を備えていますが、

何かしらの原因でバリア機能が低下してしまうと、

わずかな刺激にも反応して肌トラブルを起こしてしまいます。

バリア機能が損なわれ、外的刺激に過剰反応を起こしてしまう、

そんな肌状態のことを敏感肌と呼ぶのです。

 

当てはまる症状はある?敏感肌の主な症状

 

敏感肌には明確な定義はありませんが、

敏感肌だと感じている人に多い症状として、以下のようなものがあります。

 

・顔に赤みが出る

・肌が乾燥しやすい

・肌に湿疹が出る

・肌がかぶれたり、かゆみが出たりする

・ヒリヒリしみることがある

・カミソリ負けしやすい

・洗顔後に肌がつっぱる、ピリピリする

・ニキビや吹き出物ができやすい、なかなか治らない

・紫外線に当たると肌が真っ赤になる

・絆創膏など肌に触れるものでかぶれやすい

 

症状には個人差がありますが、上記に当てはまる項目が多く、

それが子供のころからある人は、生まれつき肌が弱い可能性が高いです。

子どものころには何ともなかったのに、大人になってから上記のような症状が表れだした人は、

「生活敏感肌」の可能性が高いと言われています。

 

 

「生活敏感肌」「ライフスタイル敏感肌」とは?

 

ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなど、生活環境の影響を受けて、

肌トラブルや肌荒れを繰り返してしまう肌状態を、「生活敏感肌」と言います。

仕事やプライベート、家事や育児と、現代女性は多忙な毎日を送っています。

多忙なあまり、生活は乱れがち、ストレスもたまりがち。

肌のコンディションも崩しやすい環境にあるのです。

生活敏感肌は生まれつきの体質ではないため、

その原因さえ取り除けば、肌状態が改善される可能性も高くなります。

 

ライフスタイルが原因で敏感肌になったなら生活習慣を見直して!

ライフスタイルが原因で肌トラブルが起きてしまった場合、

その原因となる生活習慣や生活環境を変えずにいると、

肌トラブルが治らないのはもちろんのこと、どんどんひどくなることも考えられます。

敏感肌は顔にだけ表れるわけではなく、かかとがひび割れたり、

脛が乾燥してかゆくなったりと体のあちこちに影響が表れることも。

頭皮が敏感肌になると、しみたり、

かゆみが出たりしないシャンプーを見つけるのにも苦労することになります。

こじらせると大変な生活敏感肌ですが、生まれつきのものと違って、病院に行かなくても、

生活を見直すことで治ることもあります。

肌に悪影響を及ぼす生活習慣、生活環境がないか、

自分の生活スタイルを一度チェックしてみましょう。

サロン名:POLA 景佳 -jinka-

住所:〒556-0003 大阪府大阪市浪速区恵美須西2-2-1アームサミット1南

TEL:06-6926-9031

営業時間 :10:00~17:00 定休日:日曜・祝日

業務内容:フェイシャル・ボディエステ・ブライダル

pagetop