新着情報

アンチエイジングの為に肌を内側から元気にする食べ物22選③


 

 

今回が最終回となりました、アンチエイジングの為に大事な食べ物のご紹介ですが、

食べ物の見直しはもちろんのこと、食べる習慣の見直しについてもお話ししたいと思います。

あと少しお付き合いの程お願いいたしますね。

 

20.カカオポリフェノールを含むチョコレート

チョコレートを食べると太る、ニキビが出来るなんていわれますが、食べ方次第ではアンチエイジングに役立つんです。

チョコレートは砂糖の少ない、カカオの含有量が高いもの、出来ればカカオは70~80%くらいのものを選んでください。

最初は苦く感じるかもしれませんが、質の良いチョコレートを選べば、その苦さがクセになるはずです。

 

21.アスタキサンチンを含む鮭

アスタキサンチンは抗酸化作用の強い栄養素として有名ですが、鮭、エビ、蟹に含まれている赤い色素のことです。

抗酸化作用が非常に強いので、活性酸素を除去し酸化によって細胞が傷つくのを防ぎます。

メラニンの生成を抑える働きもあるので、シミ予防にも役立ちます。

 

22.1日1個は食べたい、卵

卵は良質なタンパク質とビタミンも豊富な食材です。

肌も臓器も筋肉も、タンパク質を摂らなければ作られません。

食べ方としては、焦げが出来る目玉焼きよりは、ゆで卵の方がおすすめ。

料理に使ってもいいし、小腹が減った時のおやつにもおすすめです。

 

食べ物を見直したら、ついでに食べる習慣も見直そう

お肌にいい食材を選んでも、食べ方が以前のままでは効果がでないことがあります。

今一度、自分の食生活、食事の方法などを見直してみてください。

 

焦げないように焼く

食材が焦げると「AGEs(糖化生成物)」が増えてしまいます。

食材を調理する時は、茹でる、蒸す、生で食べるというような方法が焦げを作らずに食べるコツです。

 

たくさん噛んで食べること

年齢とともにどんどん顔の筋肉も衰えていきます。

食事の時に左右両方でたくさん噛んで食べるようにし、顔の筋肉も鍛えましょう。

また、柔らかいものばかり食べないで歯ごたえのあるものを食べるというのも大事です。

 

パンよりご飯

同じ炭水化物を食べるなら、パンよりご飯にした方がいいでしょう。

ご飯には少しですがビタミン類も含まれていますし、パンよりも歯ごたえがあります。

そうすると噛む回数を増やすことにもなりますし、腹持ちも良くなります。

 

毎日野菜を食べること

ビタミン類は摂っているようで意外と摂れていないものです。

アンチエイジングには積極的に野菜を摂ってください。

毎日、3食食べるのは難しいと思いますので少なくとも1日1回は食べるようにしましょう。

 

ドレッシングは自分で作る

ドレッシングには意外と糖分、塩分がたくさん含まれているということと、

添加物が含まれている可能性があるという点から、出来るだけ手作りすることをおすすめします。

オイルも良質なものを使えば、お肌にいい脂質を摂ることが出来ます。

 

旬の食材を取り入れよう

野菜は旬の時期が一番栄養価が高くなることで知られています。

ですから、今の時期の旬は何かな?と考えて、美味しく栄養価が高いものを選んで食べるようにしてください。

 

これは食べちゃダメ。アンチエイジングに逆効果な食べ物

せっかく上記でご紹介した食べ物を取り入れても、これを同時に食べていたら意味がない!

というものもあわせてご紹介しておきます。

・糖質と脂質を含むスナック菓子

・糖質を多く含む菓子パン

・添加物たっぷりのファーストフード

どれも食べたくなる時があると思いますが、ごくたまに少量にしておきましょう。

 

肌は必ず生まれ変わる。今日から食べ物を変えていこう

キレイな人はスキンケアだけでなく、食べるものにもこだわっています。

お肌は食べたもので作られているので、食べ物を見直さない限りキレイにはなれません。

多少時間はかかりますが、食べ物を見直せば肌の老化のスピードも緩やかになり、

今より健康でキレイな肌に生まれ変わります。

早速今日から、出来ることからで大丈夫なので始めてみてください。

 

〜恵美須町駅、新今宮駅近くのエステサロンをお探しならPOLA 景佳へ〜

サロン名:POLA 景佳 -jinka-

住所:〒556-0003 大阪府大阪市浪速区恵美須西2-2-1アームサミット1南

TEL:06-6926-9031

営業時間 :10:00~17:00 定休日:日曜・祝日

業務内容:フェイシャル・ボディエステ・ブライダル

pagetop