新着情報

肌老化の原因②


 

若い頃は、特に何も気をつけつけていなくても肌には潤いがあり、

メイクを落とさずに寝てしまったとしてもそれほどの

ダメージを感じたことはなかったでしょう。

そういった若さに甘んじて肌のケアを怠っていると、

小さなダメージが積み重なり、加齢以外でも「肌老化」を加速させてしまいます。

25歳を過ぎると始まると言われている「肌老化」は、

自分で食い止めることができるのでしょうか?

肌の調子が変わってきたら、「肌老化」のサインかもしれません。

ここでは、気づかない内に始まっているかもしれない

「肌老化」の仕組みと原因をご紹介しましょう。

 

 

加齢による老化だけじゃない!「肌老化」の原因

肌は何もしなければ年齢を重ねる毎に老化していきますが、

さまざまな原因によってその老化のスピードは大きく変わってきます。

ここでは、私たちの肌にダメージを与える原因をご紹介しましょう。

 

細胞の酸化

私たちの体の細胞は、食べ物や金属などと

同じように酸化しダメージを受けています。

金属がサビて変色するのは、酸化しているからです。

このサビの原因となる活性酸素によって、

皮膚の細胞は酸化し真皮のコラーゲンが硬くなり肌の弾力がなくなってしまいます。

 

活性酸素が発生しやすくなる要因

・紫外線

・大気汚染

・喫煙

・ストレス

・添加物や脂質が多い食べ物

 

皮膚の菲薄化

歳を重ねる毎に女性ホルモンの分泌量が減少し、

真皮層のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少し、

真皮層が薄くなります。

また、表皮細胞の機能低下により細胞分裂が減少し表皮も薄くなるのです。

皮膚が薄くなると、皮脂を分泌する力も弱くなって乾燥を招き、

肌のやわらかさが失われ、シワやくすみ、たるみが目立ってしまうのです。

 

 

間違ったスキンケア

良かれと思い込んで行っている間違ったスキンケアも

「肌老化」を促進してしまいます。

以下のスキンケアを行っているならば、今すぐ改善しましょう。

 

ゴシゴシ洗っている

汚れが落ちる気がして、ゴシゴシ洗っていませんか?

強い力で肌を刺激すると、摩擦により角質を剥がしすぎてしまうことに。

 

何度も洗顔する

一日に何度も洗顔すると、肌の潤いの元である皮脂膜も洗い流してしまうので気をつけましょう。

 

合成界面活性剤入りアイテムを使用している

合成界面活性剤入りのクレンジングや洗顔フォームは、

洗浄力が強く角質層のタンパク質や皮脂膜まで洗い流してしまい肌の乾燥を誘発してしまいます。

 

ピーリングしすぎ

角質をポロポロ取り除くピーリングは、ツルツル感が気持ち良く

肌がキレイになったような気がしてたくさんやりたくなります。

しかし、やりすぎてしまうとターンオーバーを

早めすぎてしまうことになりどんどん角質が硬く厚くなってしまい逆効果に。

 

 

「肌老化」の原因を知って、肌の老化を最小限に食い止めよう!

以上、「肌老化」の原因が加齢以外にも自らが気をつけることで

「肌老化」のスピードを遅くすることができるとわかりました。

年相応の美しさと言うものはありますが、実年齢以上に老けて見えるのは悲しいですよね。

肌の老化は仕方のないものですが、日常生活を改めることでずいぶんと肌の調子も変わってくるでしょう。

5年後10年後の年齢以上の美肌のために、改善できることは改善して、「肌老化」の進行を食い止めましょう。

サロン名:POLA 景佳 -jinka-

住所:〒556-0003 大阪府大阪市浪速区恵美須西2-2-1アームサミット1南

TEL:06-6926-9031

営業時間 :10:00~17:00 定休日:日曜・祝日

業務内容:フェイシャル・ボディエステ・ブライダル

pagetop