新着情報

日焼け後の肌トラブルとシミを予防するアフターケアのポイント


美肌・パッティングイメージ

 

日焼け後のケアを怠ると肌の発赤や皮むけだけでなく、

シミやシワなど肌の老化を加速させる可能性もあります。

今回は日焼け後のへアフターケアで、肌トラブルとシミを予防するポイントをご紹介します。

 

 

肌トラブルを防ぐアフターケアのポイント

日焼け後のケアは具体的に何をすれば良いのか分からないという方も多いかと思います。

肌ダメージを最小限に留めるために、日焼け後のアフターケアは重要です!

 

「冷やす」ことが一番

日焼けはヤケドの一種なので「冷却」が一番です。

しかし、肌を冷やす前は化粧水やクリームを塗らないように注意しましょう。

特に美白効果を持つ化粧品は刺激が強いものが多いため、日焼けが悪化する危険があります。

日焼けをしてしまったら、すぐに冷やした保冷剤をハンカチに包み、患部にあてて冷やすと良いです。

 

「保水」で乾燥を防ぐ

次に行いたいケアは「保水」です。

日焼けした肌は水分が奪われ極度に乾燥した状態のため、

普段使う量の23倍の化粧水を使用してしっかりと肌に水分を補給することが大切です。

化粧水をつけるポイントは、両手に化粧水をなじませて、軽く押しあてるようにつけることです。

日焼け直後に使用する化粧水は刺激が少ない温泉水や、敏感肌用のものを選びましょう。

「保水」だけでは水分が蒸発するので、、乳液やクリームでふたをすることも大切です。

 

洗顔やシャワーも優しく

日焼け後の肌は少しの刺激で皮がむけるなどの肌トラブルを起こしやすい状態です。

そのため、顔や体を洗う際には「こすらない」ことが重要です!

火照りが治まるまではシャワーの水圧は弱めにし、

洗顔料やボディーソープを使う際にはたくさんの泡で包むように洗いましょう。

また、洗顔やシャワーの後のアフターケアにも注意が必要です。

タオルを使う時には軽く押しあてながら水分を拭き取りましょう。

けしてゴシゴシこすってはいけません!

 

体の内側からケアする

日焼けは食べ物でケアすることもできます。

ビタミンCは肌の代謝を活性化させると同時に、メラニンの生成を抑える働きがあります。

同時にビタミンEを摂取すると、肌の回復力をアップさせることができますよ。

ミネラルウォーターやスポーツドリンクで、体そのものの水分補給を行なうことも大切です。

 

 

シミ予防のためのアフターケアのポイント

紫外線を浴びない生活を送ることはとても難しいことですよね。

そのため、シミ予防のためのアフターケアが大切になります。

 

薄皮はめくらずに保湿

日焼けがシミになってしまう大きな原因は、自ら薄皮をめくってしまうことです。

中途半端にはがれた薄皮を強引にはがしてしまうと、

日焼けした肌の下にできた新しい肌も一緒にはがれてしまい、肌ダメージの回復が遅れシミを誘発してしまいます。

そのため、薄皮のむけた状態の時には、しっかりと保湿ケアをして自然に皮がはがれてくるまで待ちましょう。

 

体の内側からメラニン生成を抑える

日焼け後のシミを防ぐためには、メラニン生成を抑える必要があります。

メラニン生成を抑える栄養素を摂取して、体の内側からアフターケアを行いましょう。

シミを防ぐ栄養素はビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが効果的ですよ。

ただし、これらの成分を、日焼け直後の肌にもちいることは控えたほうがよいでしょう。

日焼け後の肌は敏感なので、美肌成分が豊富に含まれる化粧品は刺激が強く、炎症を悪化させる可能性があるため、

火照りやヒリヒリとした痛みが治まってから使用しましょう。

 

シミ予防は14日勝負

日焼けでできたメラニン色素は、約14日で新たな肌へと生まれ変わります!

通常の肌のターンオーバーは90日周期ですが、日焼けした場合はもっと早い周期で新たな皮膚が構築されます。

日焼け直後からしっかり冷却と保湿をした上で、

メラニン色素を減らす食べ物を積極的に摂取することがシミ予防に欠かせないポイントです。

サロン名:POLA 景佳 -jinka-

住所:〒556-0003 大阪府大阪市浪速区恵美須西2-2-1アームサミット1南

TEL:06-6926-9031

営業時間 :10:00~17:00 定休日:日曜・祝日

業務内容:フェイシャル・ボディエステ・ブライダル

pagetop